ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

MT5の過去チャートの検証方法を詳しく解説

【PR☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】XMの詳細ページはこちらから

【2位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

高い性能で多くのトレーダーから人気のあるトレーディングプラットフォームのMT5。

そんなMT5の過去チャートを利用して検証をやってみたいという人もいるでしょう。

MT5は豊富な種類のインジケーターを活用したり、オブジェクトを活用できるので、過去チャートを使って検証を行うことも可能です。

そこで今回は、MT5の過去チャートの検証方法を詳しく解説していきます。

MT5の過去チャートの検証方法を詳しく解説

MT5の過去チャートの検証方法

MT5は基本的にリアルトレードを行うためのプラットフォームとして、実際の売り買いを行う場所としての利用がメインです。

しかし中には、MT5の過去チャートを使って検証を行っているという人もいます。

実際にMT5は、およそ過去40年分のチャートデータがあるとされており、利用するFXブローカーによっては1980年代の過去チャートから遡ってデータを引っ張ってくることもできるようです。

MT5にて過去チャートの検証を行いたいという人は、まずはヒストリカルデータから自分の必要な分だけの過去チャートデータを取得していきましょう。

ただしデータが膨大な量になればなるほどMT5の動作が重くなってしまうという可能性もあります。

これから検証を始めるという人は、すべてのデータを入手するのではなく、まずは10年分くらいのデータを入手してチャートの検証を行っていくのがおすすめです。

MT5の過去チャートをヒストリカルデータから入手する方法

  • MT5を立ち上げる
  • 上部メニュー一覧にある「ツール」をクリックする
  • ツールメニューの中に表示される「オプション」をクリックする
  • オプションウィンドウが表示されるので「チャート」のタブをクリックする
  • チャートの最大バー数という項目を「unlimited」に選択しOKをクリックする
  • 続いてメニューバーに戻り「表示」から「銘柄」をクリックする
  • 「銘柄」のウィンドウが表示されたら「チャートバー」のタブをクリックする
  • ヒストリカルデータをダウンロードする銘柄をタブルクリックする
  • 表示する時間足を選択する
  • ダウンロードする期間を入力する(最初は5年分から10年分程度のダウンロードがおすすめ)
  • 「情報呼び出し」をクリックする

ダウンロードが始まると画面に「しばらくお待ちください」という案内が表示される。 表示が、銘柄の一覧に切り替わったらダウンロード完了。

「OK」をクリックしてチャートに戻る。 他にもダウンロードしたい通貨ペアがあれば、同じ手順でヒストリカルデータをダウンロードする。

MT5の過去チャートの検証方法 検証で利用するインジケーターやオブジェクトを定型保存する

MT5では過去チャートのデータをダウンロードさえしてしまえば、あとは自己流で検証を始めることができます。

検証に利用した入りオブジェクトやインジケーターがあるという場合には、あらかじめ一つの定型の型として保存してしまえば、後日検証を再開するさいにスムーズに始めることができるでしょう。

MT5の過去チャートの検証に使うインジケーターやオブジェクトの保存方法

  • MT5を立ち上げて検証を行うチャートを表示する
  • 検証を行うチャートを立ち上げた状態から、検証に利用するインジケーターやオブジェクトなどの設定を挿入する
  • 検証に使うインジケーターやオブジェクトの挿入が完了したら、チャート上で右クリックをして表示されるメニュー一覧の中から「定型チャート」→「定型チャートの保存」をクリックする
  • 保存のためのファイル名の入力が求められるので自分でわかりやすいファイル名を入力する(例:「USDJPY CRIインジ」など。)これで定型チャートの保存が完了
  • 定型チャートを呼び出したい場合には、まずは定型チャートを表示させる通貨ペアのチャートを開く
  • 通貨ペアのチャートが表示された状態で、チャートの上で右クリックし「定型チャート」の中から先ほど保存した定型ファイルを選択する。定型ファイルを選択すると、先ほど保存したインジケーターやオブジェクトがチャート上に表示されるので確認する新たに設定をし直さなくても、すぐにトレードやチャート分析を始めることができます。

MT5の過去チャートの検証方法は、先のチャートを見えないようにはできない

MT5ではこのように過去のヒストリカルデータを引っ張ってきて過去チャートの検証を行うことが可能です。

ただし、MT5での過去チャートの検証方法は、すでに最新のチャートの値動きまでが見えた状態でしか検証を行うことができません。

過去チャートを持ってきて、特定の時期からチャートを順番に再生するということはできないので、すでにチャートの形が見えている状態でしか検証ができなくなっているのが大きなデメリットです。

チャートの先が見えていない状態でMT5での検証は行えないのか探しているという人もいますが、残念ながらMT5では先のチャートを見えないようにした検証方法というものは用意されていません。

そのため、チャートの先を見えないようにして検証を行うのであれば、専用のFX検証ツールを導入していく必要があるでしょう。

MT5以外でおすすめの検証ソフト FX検証

先の見えないチャートで検証をしたいという人におすすめなのが、スマホアプリのFX検証というサービスです。

月額120円とかなり安いアプリですが、本格的なFX検証が行えるようになっています。

スマホ画面なので、同時に二画面までは表示ができるようになっており、チャートへの書き込みなども可能です。

価格もお手頃なので、MT5での検証と合わせて利用していくのがよいでしょう。

MT5以外でおすすめの検証ソフト FT5

本格的な検証を行っていきたいという人であれば、やはりFT5を使った検証がおすすめです。

価格は数万円と決して安い検証ソフトではありませんが、MT5を利用した検証よりもよりリアルな値動きなどを追いながら検証を行っていくことができます。

本気でインジケーターなどを極めていきたい人などは、FT5を入手していくのがおすすめです。

MT5の過去チャートの検証方法を詳しく解説まとめ

今回は、MT5の過去チャートの検証方法を詳しく解説していきました。

MT5の過去チャートを利用する場合には、ヒストリカルデータをまずは入手していく必要があります。

MT5のみでも基本的に検証を行うことは可能ですが、よりリアルな検証をしていきたいという人や勝率などをデータとして取りたいという人は専用の検証ソフトの購入なども検討してみるのがよいでしょう。