ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TradingView(トレーディングビュー)の自動売買(EA)を詳しく解説

【☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】iFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

TradingView(トレーディングビュー)は極めて汎用性が高く高機能なチャートツールです。 そんなTradingView(トレーディングビュー)で自動売買(EA)をできないだろうかとお考えの人も多いようです。 そこで今回はTradingView(トレーディングビュー)の自動売買(EA)について詳しく解説していきます。

TradingView(トレーディングビュー)の自動売買(EA)を詳しく解説

TradingView(トレーディングビュー)自体に自動売買(EA)の機能はない

TradingView(トレーディングビュー)での分析をもとにした自動売買(EA)自体はできなくもありません。 しかし、TradingView(トレーディングビュー)自体に自動売買(EA)の機能はありません。 というのも、TradingView(トレーディングビュー)はあくまでもチャートツールにすぎず、基本的にそこから直接発注はできないからです。 また根本的に、一般的な自動売買はエキスパート・アドバイザー(EA)と呼ばれるシステムを使用します。 しかし、EAはMT4/MT5と呼ばれるFX専用の取引プラットフォーム専用のシステムです。 つまり、そもそもTradingView(トレーディングビュー)でEAを使った自動売買をするという発想がまず間違っています。 純粋な意味でEAを使った自動売買をしたいという人はMT4ないしMT5に対応したFX取引所の口座を使いましょう。 その場合にTradingView(トレーディングビュー)をチャート分析に使うかどうかは自由です。

TradingView(トレーディングビュー)の自動売買(EA)は詐欺に注意

TradingView(トレーディングビュー)自体に自動売買(EA)の機能はないとしても、実際にはやりようはあります。 具体的には、TradingView(トレーディングビュー)のアラート機能には外部のウェブサービスと連携する機能があるので、それを噛ませて別の業者で自動売買(EA)できます。 そうしたプログラミングを請け負うという人も少なくありません。 ただ、そのような人の一部にはそこを入り口として詐欺につなげる輩も存在します。 とくにFX界隈には無価値な手法を法外な値段で販売する詐欺まがいの人も少なくありません。 TradingView(トレーディングビュー)でどうしても自動売買(EA)をしたいとしても、詐欺には注意しておきましょう。

TradingView(トレーディングビュー)の自動売買(EA)のやり方の概要

先に少し触れましたが、TradingView(トレーディングビュー)はアラート機能を利用して実質的な自動売買(EA)ができなくもありません。 具体的なやり方は利用する業者によっても違います。 ただ、概要としては業者側のAPIと組み合わせることになります。 APIとは簡単にいえば「ウェブサービスと連携できるシステム」です。 それを介してなんらかのウェブサービスと接続し、そしてTradingView(トレーディングビュー)側でもそのサービスへアラート機能を介して接続します。 そのうえでウェブサービスと業者側で発注までつなげる自動売買(EA)のプログラムをするわけです。 概要で見ただけでもかなり面倒なことが分かるのではと思います。 よほど技術的な部分で詳しくなければ、基本的にTradingView(トレーディングビュー)で自動売買(EA)はできないものと考えておくべきかと思います。

TradingView(トレーディングビュー)の自動売買(EA)の注意点

仮にTradingView(トレーディングビュー)で自動売買(EA)のシステムを構築できたとします。 しかし、それでもそもそも自動売買(EA)で勝てるとは思わないほうがよいかもしれません。 まず大前提として、投資に絶対はありません。 もし本当に勝てる自動売買(EA)システムがあったとしても、それはおそらく一時的な状態です。 継続的に勝つためには定期的かつ柔軟なロジック・ストラテジーの見直しが必要なはずです。 一応、TradingView(トレーディングビュー)にはストラテジーの有効性をバックテストで評価できるテスターもありますが、それも過去のデータにすぎません。 分析は無駄と徒手空拳で挑むのは愚策ですが、それでも未来は誰にも予想できないという点は大前提として注意しておきましょう。

TradingView(トレーディングビュー)で自動売買(EA)をするには有料プランが必須

TradingView(トレーディングビュー)でウェブサービスを噛ませて自動売買(EA)をするならば有料プランの契約が必須です。 TradingView(トレーディングビュー)のアラート機能がウェブサービスと連携できるのは先に触れたとおりですが、それは有料プラン限定の機能だからです。 TradingView(トレーディングビュー)の有料プランは最安値のプランでも月額10.55ドルです。 さらにいえば、一般的に自動売買(EA)をするためには別途VPSと呼ばれるレンタルサーバーを使います。 そしてそのVPSのレンタル費用もおおよそ月額1,500円くらいはかかるものです。 総じて、仮にTradingView(トレーディングビュー)で自動売買(EA)をするにしてもだいたい月額3,000円くらいはかかる計算です。 決してペイできない金額ではありませんが、自動売買(EA)は必勝でもなんでもありません。 技術的に可能かどうかは別としても、自動売買(EA)にそこまでの期待はしないことをおすすめします。

TradingView(トレーディングビュー)の自動売買(EA)の参考

それでもTradingView(トレーディングビュー)で自動売買(EA)をしてみたいという人はOANDAを使ってみるとよいかもしれません。 OANDAはTradingView(トレーディングビュー)で自動売買(EA)をするための手順を詳しく紹介しています。 それを見ればどれだけ難度が高いか分かるはずです。 また、厳密にいえばEAを使った自動売買でもありません。 TradingView(トレーディングビュー)はかなり高機能なので一見すると自動売買(EA)向きのように思われがちです。 しかし、イメージに反して実際にはTradingView(トレーディングビュー)で自動売買(EA)をするのは至難の業です。 基本的にTradingView(トレーディングビュー)はチャート分析だけをするためのものと考えておきましょう。

TradingView(トレーディングビュー)の自動売買(EA)を詳しく解説 まとめ

TradingView(トレーディングビュー)自体に自動売買(EA)の機能はありません。 TradingView(トレーディングビュー)の分析をもとにした自動売買(EA)のシステムを組むことは不可能ではないものの、難度は高めです。 また、そもそも自動売買(EA)で勝てるほど投資は甘くありません。 仮にTradingView(トレーディングビュー)で自動売買(EA)ができたとしても日々の戦略の見直しは必須です。 決してできなくはありませんが、個人的には自動売買(EA)自体があまりおすすめではありません。