ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TradingView(トレーディングビュー)の自動売買(EA)を詳しく解説

【PR☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】XMの詳細ページはこちらから

【2位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【3位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【4位】iFOREXの詳細ページはこちらから

TradingView(トレーディングビュー)は機能性と汎用性が高いチャートツールです。

そんなTradingView(トレーディングビュー)で自動売買(EA)を始めたいとお考えの方もいるのではないでしょうか。

ここではTradingView(トレーディングビュー)の自動売買(EA)を始めたい方に向けて詳しく解説していきましょう。

TradingView(トレーディングビュー)の自動売買(EA)を詳しく解説

TradingView(トレーディングビュー)は自動売買(EA)を使えない

結論を言うと、TradingView(トレーディングビュー)は自動売買(EA)を使えません。

TradingView(トレーディングビュー)はチャートに特化したツールです。

自動売買(EA)とは、エキスパート・アドバイザー(EA)と呼ばれるシステムを使用しています。

そしてEAは、MT4とMT5専用の取引プラットフォームで、チャート機能と取引機能のふたつが実装されています。

よってEAをTradingView(トレーディングビュー)で利用するという発想自体が間違いと言えるでしょう。

TradingView(トレーディングビュー)は分析に特化したツールであり、注文機能は実装されていません。

もしEAを使った自動売買を行いたいのであれば、MT4かMT5を採用するFX業者で口座開設を行わなければいけません。

なおFX業者でもTradingView(トレーディングビュー)を使うことはできます。 個々のニーズに合わせて取り入れてみてはいかがでしょうか。

TradingView(トレーディングビュー)の自動売買(EA)は詐欺と心得て

TradingView(トレーディングビュー)に自動売買(EA)の機能はありませんが、活用することはできます。

それはTradingView(トレーディングビュー)のアラート機能を活用し、外部のウェブサービスと連携することにより、外部業者で自動売買(EA)をする方法です。

このようなプログラミングを行える方は、自動売買(EA)を始めることができるでしょう。

一方で、プログラミングを悪用して、詐欺行為をするユーザーも一部存在します。

FX界隈では、価値の低い手法をサービスとして違法に高額販売を行う詐欺が後を絶ちません。

TradingView(トレーディングビュー)で自動売買(EA)を検討している方は詐欺に注意しましょう。

TradingView(トレーディングビュー) 自動売買(EA)のやり方の基本

TradingView(トレーディングビュー)でアラート機能を活用すれば実質的な自動売買(EA)を行うことができます。

そのやり方は各業者で異なりますが、基本的には業者側のAPIと組み合わせて行うことになるでしょう。

APIとは、異なるサービスを連携できるシステムです。 連携しウェブサービスと接続したら、TradingView(トレーディングビュー)からサービスへアラート機能を経由して接続します。

そのうえでウェブサービスと業者側で発注までつなげる自動売買(EA)のプログラムを設定します。

やり方の流れを見てもわかる通り、とても複雑な作業が必要です。

テクニカル面を熟知しているトレーダーでなければ、TradingView(トレーディングビュー)で自動売買(EA)を使うことは難しいと考えておくべきでしょう。

TradingView(トレーディングビュー) 自動売買(EA)の注意点

TradingView(トレーディングビュー)で自動売買(EA)のシステムを構築できたとしても、必ず勝てるわけではありません。

注意点として、投資で絶対に勝てることはないと考えておきましょう。

もし本当に勝てる自動売買(EA)があったとしても、それは一時的またはたまたまのケースです。

勝ち続けるためには、柔軟なロジックや敵的なストラテジーの見直しが必要になります。

TradingView(トレーディングビュー)にはストラテジーの有効性をバックテストで評価できるテスターがありますが、過去のデータにすぎません。

分析はムダだと考える方もいるでしょうが、それではトータル的に勝つことは難しいでしょう。

自動売買(EA)のトレードは、1回の勝敗よりもトータルでの結果が重要です。 かといってもトータルで確実に勝てるとも限らない、未来は誰にも予想できないことを注意点として覚えておきましょう。

TradingView(トレーディングビュー)での自動売買(EA)には有料プランが必要

もしウェブサービスを経由してTradingView(トレーディングビュー)の自動売買(EA)を行うのであれば、有料プランの契約が必要です。

TradingView(トレーディングビュー)のアラートをウェブサービスと連携できる機能は、有料プラン限定のツールだからです。

有料プランは、もっとも安くて月額14.95ドルです。 さらに自動売買(EA)を始める場合、VPSも必要になります。

VPSとは、24時間365日にわたり自動売買(EA)を走らせるために必要な専用のレンタルサーバーをさしていて、月額おおよそ2000円前後になるでしょう

トータルで考えると、TradingView(トレーディングビュー)で自動売買(EA)を利用するのであれば月額3000~4000円のコストがかかることになります。

自動売買(EA)を始めたとしても、勝てるという保証はありません。

そのようなことを考えたうえでTradingView(トレーディングビュー)の自動売買(EA)を検討すべきでしょう。

TradingView(トレーディングビュー)で自動売買(EA)を始めたい方におすすめの業者

もし前向きにTradingView(トレーディングビュー)での自動売買(EA)を始めることを検討されている方はOANDAをおすすめします。

その理由は自動売買(EA)をはじめる手順について、ていねいな解説があるからです。 まずは業者側の解説を確認してから、どれだけ自動売買(EA)を導入するハードルが高いのかをきちんと理解しておきましょう。

先にTradingView(トレーディングビュー)やVPSの契約を行ったあと、やっぱり自動売買(EA)をやめることになった場合、ムダな手間やコストがかかるためです。

TradingView(トレーディングビュー)はチャートツールだけでも充実しているため、むやみに自動売買(EA)する必要はないと考えておきましょう。

TradingView(トレーディングビュー)の自動売買(EA)を詳しく解説まとめ

TradingView(トレーディングビュー)の自動売買(EA)について解説しました。

分析をもとにして自動売買(EA)のトレードを始めることはできるものの、ハードルは高いです。

正直なところTradingView(トレーディングビュー)は自動売買(EA)よりも、基本的なチャートツールとして活用することをおすすめします。