ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

iFOREX(アイフォレックス)のチャートの見方と使い方を分かりやすく解説

【PR☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】XMの詳細ページはこちらから

【2位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200530183103j:plain

iFOREX(アイフォレックス)のチャートの見方と使い方はどのようにしたらいいの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

iFOREX(アイフォレックス)は独自のプラットフォームを採用しており、その機能のひとつとしてチャートも実装しています。

チャートはただ眺めるだけでなくテクニカル分析でも活用されるため、使い方だけでなく見方も理解しておきたいところでしょう。

ここでは操作面にフォーカスしたiFOREX(アイフォレックス)のチャートの見方と使い方について解説していきます。

iFOREX(アイフォレックス)のチャートの見方と使い方を分かりやすく解説

iFOREX(アイフォレックス)のチャートの見方と使い方 チャートの表示と非表示

iFOREX(アイフォレックス)のチャートの見方と使い方として、チャートの表示と非表示をみていきますので、まずはログインします。

チャートを表示する使い方は、以下の流れです。

  • 1.iFOREX(アイフォレックス)の左メニューから「取引」を選択
  • 2.チャートを表示したい取引商品のタブを通貨・商品・指数・株式・ETF・仮想通貨から選ぶ
  • 3.銘柄を選択

これで各銘柄の取引ウインドウが起動して、チャートを表示できます。

チャートを拡大してさらに見方を向上させる使い方は、チャートエリアの右上にある「全画面表示モード」アイコンを選びます。

そして拡大したチャートを元通りする使い方も、「全画面表示モードを終了」アイコンを選びましょう。

チャートを使い終わったあと、非表示にする使い方は、取引ウインドウの右上にある「クローズ」ボタンを押してください。

iFOREX(アイフォレックス)のチャートの見方と使い方 チャートの種類

iFOREX(アイフォレックス)のチャートの見方を変える使い方として、チャートの種類を変更しましょう。

デフォルトではローソク足になっていますが、中空ローソク足・HLC(バー)・平均足・ライン・エリア・ドットの7種類チャートを採用していて自由に変更できます。

チャートを変更する使い方は、iFOREX(アイフォレックス)のチャートエリアの上部にある「ローソク足」アイコンをクリックしましょう。

なおiFOREX(アイフォレックス)に限らず、もっとも活用されるローソク足ですが、その見方は以下の通りです。

  • 緑のローソク足:上昇相場を示す陽線 → 長方形の底辺が始値、上辺が終値
  • 赤のローソク足:下落相場を示す陰線 → 長方形の上辺が始値、底辺が終値
  • 長方形から上下に伸びる直線:下が安値、上が高値

ローソク足の見方はチャートの読み方の基本ですので、覚えておきましょう。

iFOREX(アイフォレックス)のチャートの見方と使い方 時間足の変更

iFOREX(アイフォレックス)のチャートの見方のうち、時間足を変更する使い方をみていきます。

時間足を変更すれば、短期相場や長期相場などトレード手法に合わせたチャートの見方ができるようになります。

チャートの時間足を変更する使い方は、チャート上部の「1分足」アイコンをクリックして好みの時間足に変更しましょう。

iFOREX(アイフォレックス)は9種類の時間足から自由にチャートの時間足を選択できます。

iFOREX(アイフォレックス)のチャートの見方と使い方 インジケーターの表示

iFOREX(アイフォレックス)のチャートの見方と使い方として、インジケーターの表示をみていきます。

インジケーターはチャート分析の指標をさしています。

そしてiFOREX(アイフォレックス)のチャートから相場の詳しい状況を把握するという見方ができるようになります。

チャートにインジケーターを表示する使い方は、iFOREX(アイフォレックス)のチャート上部にある「スタディ」アイコンをクリックしましょう。

そしてカテゴリからトレンド系やオシレーター系など好みにあったインジケーターを選んでチャートに表示してください。

不要なインジケーターを削除する使い方は、チャートエリアの左上にあるインジケーター名をポイントすれば「閉じる」アイコンがあるのでクリックしてください。

iFOREX(アイフォレックス)のチャートの見方と使い方 トレンドラインの描画

iFOREX(アイフォレックス)のチャートの見方を向上させる使い方として、トレンドラインを描画することができます。

トレンドラインとは、チャート分析で頻繁に使われているツールのひとつで、高値と高値または安値と安値を結ぶ線を引き、チャート上からトレンドを把握するという見方ができるようになります。

チャートのトレンドラインを描画する使い方は、「Draw」という描画アイコンをクリックして、さらにチャートの左に表示されるメニューから「トレンドライン」を選択しましょう。

その状態でチャートエリアで、トレンドラインの始点をクリックして、終点までマウスを移動したら終点をクリックしてトレンドラインを描画できます。

インジケーターとトレンドラインの技術的な使い方は、テクニカル分析の参考書で勉強して覚えましょう。

トレンドラインを削除する使い方は、「Draw」アイコンをクリックして、チャートの左に表示されたアイコンから「削除」アイコンをクリックしましょう。

iFOREX(アイフォレックス)のチャートの見方と使い方 複数チャートを表示

iFOREX(アイフォレックス)のチャートは複数のチャートを表示する使い方もできます。

最大4つの銘柄や時間足のチャートを4分割画面へ均等に並べることで、チャートを切り替える手間がなくなります。

またチャートの見方を向上させることができるでしょう。

使い方は、iFOREX(アイフォレックス)の画面左側のメニューから「チャート・ステーション」を選べば4つのチャートが表示されます。

チャートの銘柄をカスタマイズする使い方は、どれかチャートをクリックして選び、チャート上部にあるウインドウで銘柄を検索します。

時間足を変更する使い方は、上項の使い方と同じです。 自分のニーズに合わせたチャートの使い方ができるはずですので、ぜひご活用ください。

iFOREX(アイフォレックス)のチャートの見方と使い方を分かりやすく解説まとめ

iFOREX(アイフォレックス)のチャートの見方と使い方を解説しました。

シンプルな機能で使いやすいチャートを実装しているため、iFOREX(アイフォレックス)は初心者にも使いやすいはずです。

チャート・ステーションの機能は、4つのチャートをカスタマイズして、一度に複数の値動きを確認する使い方ができるのでとても便利でしょう。

またチャートの見方を変える使い方として、ローソク足やチャート、時間足の変更、インジケーターやトレンドラインも設置できます。

チャート分析の使い方が向上するはずですので、iFOREX(アイフォレックス)でも積極的にご活用ください。