ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMのチャートの見方と使い方を分かりやすく解説

【PR☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】XMの詳細ページはこちらから

【2位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMのチャートの見方と使い方はどのようにしたらいいの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

XMの基本的な使い方として、チャートの見方と使い方は基本として押さえておくべきです。

XMのチャートの見方と使い方を分かりやすく解説

XMのチャートの見方と使い方は、MT4やMT5の取引プラットフォームから行います。

使い方の準備として、MT4やMT5をパソコンやスマホにインストールしましょう。

チャートの使い方はXMの値動きを眺めるだけではありません。 テクニカル分析やファンダメンタルズ分析をもとにチャートを活用していきます。

参考書やセミナーでテクニカル分析の知識を身につけることで、チャートの見方や使い方ができるようになるでしょう。

そしてMT4のチャートからXMの相場を分析して今後の値動きを予測し、最終的にエントリーポイントを見極めることができます。

チャートの分析結果を活かして根拠あるトレードをすることが、XMのチャートにおける使い方の目的と言えるでしょう。

ファンダメンタルズ分析は、世界の政治や経済、金融状況や世界的事件や災害をもとに、チャートの値動きを分析します。

チャート分析とファンダメンタルズ分析を併用する使い方によって、より詳しくXMの相場状況を分析できるので今後の値動きを把握しやすくなるでしょう。

ここではテクニカル分析のうち、XMの操作面におけるチャートの見方や使い方について解説していきます。

XMのチャートの見方と使い方 気配値に全通貨ペアを表示する

XMのチャートの見方と使い方の初期設定として、気配値に全通貨ペアを表示します。

気配値に表示されていない銘柄は、チャート表示することができないためです。

全通貨ペアを表示する使い方は、MT4の気配値エリアを右クリックして「すべて表示」を選びます。

XMのチャートの見方と使い方 チャートの表示と削除

XMのチャートの見方と使い方の基本として、チャートの表示と削除をみていきます。

チャートを表示する使い方は、MT4のメニュー「ファイル」から「新規チャート」を選んで通貨ペアを選択します。

不要なチャートを削除する使い方は、チャート画面の右上にある「閉じる」ボタンをクリックします。

必要なだけ表示する使い方によって整然とするため、チャートの見方を向上させます。

XMのチャートの見方と使い方 ローソク足の表示と読み方

XMのチャートの見方と使い方の基本としてもうひとつ、ローソク足の表示と読み方をみていきます。

MT4のチャートはデフォルトでローソク足ではないため、変更しましょう。

使い方は、MT4のメニューから「チャート」を選び「ローソク足」を選択するだけです。

XMのローソク足の読み方は、チャートの見方の基本です。 ひとつのローソク足には以下の情報が盛り込まれています。

  • 白のチャートは上昇相場を示す「陽線」:長方形の底辺が始値/上辺が終値をいう見方をする
  • 枠のチャートは下降相場を示す「陰線」:長方形の上辺が始値/底辺が終値という見方をする
  • 上に伸びる直線「上ヒゲ」:高値を示す
  • 下に伸びる直線「下ヒゲ」:安値を示す

ローソク足の見方を覚えることで、より詳しくXMの価格情報を知ることができるでしょう。

XMのチャートの見方と使い方 時間足の変更

XMのチャートの見方と使い方として、時間足の変更をみていきます。

時間足を変更する使い方は、MT4のメニューから「チャート」に進み「時間足設定」を選んで、好みの時間足を選択します。

もし時間足で「1分足」を選ぶと、XMのスキャルピングに適したチャートの見方ができるようになります。

「日足」はデイトレード、「月足」はスイングトレードなど、トレード手法に見合うチャートの使い方ができるようになります。

すなわちXMのチャートの時間足を変更すれば、トレード手法にマッチしたチャートで分析する使い方ができます。

XMのチャートの見方と使い方 インジケーターとオブジェクトの表示

XMのチャートの見方と使い方として、インジケーターとオブジェクトの表示をみていきます。

インジケーターを表示する使い方は、MT4のメニュー「チャート」から「インジケーター」に進み「トレンド系」「オシレーター系」などから好みの指標を選びます。

選ぶ指標によってチャートの見方はかわりますが、たとえば以下のような情報をチャートから読み取れるようになるでしょう。

  • XMの相場におけるトレンドの方向や発生
  • 相場における売られすぎか買われすぎかの判断
  • 勝ちやすいパターンの把握
  • エントリーポイントの見極め

すなわちインジケーターによって、目的に合ったチャートの見方や使い方ができるようになるでしょう。

使い方のコツとしてはトレンド系とオシレーター系のインジケーターを併用することにより、それぞれの欠点を補うことができます。

オブジェクトを描画する使い方は、メニューの「挿入」から「ライン」「図形」を選んだあと、チャート上で描画します。

利用頻度の高いオブジェクトは、トレンドラインや水平線でしょう。

また水平線やトレンドラインの補助的役割として、サポートラインやレジスタンスラインを予測する使い方や見方もできます。

XMのチャートの見方と使い方 複数チャートの切替と整列

XMのチャートの見方と使い方を向上させる使い方として、複数チャートの切替と整列をみていきます。

MT4では複数のチャートを表示できますが、重なり合ってしまい下のチャートを見ることができません。

チャートを切替える使い方は、チャートの下に表示されている銘柄タブを選ぶだけです。

しかし切替える使い方は面倒ですので、複数チャートを整列する使い方を行いましょう。

複数のチャートを整列する使い方は、メニューの「ウインドウ」から「ウインドウの整列」を選びます。

表示されているチャートが均等に整列するため切替を行う必要はなくなり、チャートの見方は格段に向上するでしょう。

XMのスマホアプリのチャートの見方と使い方

XMのスマホアプリでもチャートの見方や使い方は、画面上の違いさえのぞけばパソコン版MT4・MT5と基本的に同じです。

MT4・MT5に加えて、XMの公式スマホアプリでもチャート分析ができます。

スマホアプリでチャートを表示する使い方は「気配値」をタップしたら通貨ペアを選ぶだけです。

なお2つのアプリはチャート分析ツールの使い方が微妙に異なります。

  • MT4・MT5アプリの使い方:チャートエリアにある分析ツールのアイコンをタップ
  • XMの公式アプリの使い方:チャート画面を横に傾けて表示される分析ツールのアイコンをタップ

これで時間足の変更やインジケーターやオブジェクトの表示をして、XMのチャートの見方を変えることができます。 XMのスマホアプリでのチャートの見方と使い方でできないことは、以下の2つです。

  • カスタムインジケーターは使えない
  • 複数チャートの表示・整列はできない

デフォルトのチャートはローソク足ですので変更する必要はありませんが、変更することができることも使い方として覚えておきましょう。

XMのチャートの見方と使い方を分かりやすく解説まとめ

XMのチャートの見方と使い方を解説しました。

こちらでは最低限のチャートの見方と使い方について解説しました。

まずはチャート分析の知識を身につけたうえで、XMのチャートをご利用ください。