ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMのチャートの見方と使い方を分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【2位】iFORXの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【4位】XMの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMのチャートの見方と使い方は、どうすればいいの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

XMは追証なし・ゼロカット制度採用のもと、最大888倍でレバレッジ取引できる海外FX取引所です。

チャートの使い方は、XMの値動きを把握することと相場を分析するためですが、チャートの見方や具体的な使い方がよくわからないという方も少なくないはずです。

ここではXMのチャートの見方と使い方について詳しく解説していきましょう。

XMのチャートの見方と使い方を分かりやすく解説

XMのチャートの見方と使い方は、テクニカルチャート分析とファンダメンタルズ分析の基礎が身についていることを前提としたうえで、活用できます。

チャート分析の基礎知識については参考書やセミナーを活用して学びましょう。

XMのチャートの使い方は、過去の値動きを分析して、今後の値動きを予測し、最終的にエントリーポイントを見極めることができます。

チャート分析結果を活かして根拠あるトレードをすることが、XMのチャートの使い方における目的と言えるでしょう。

XMで分析を始めるためには、まずチャートの見方をきちんと理解する必要があります。

一方、ファンダメンタルズ分析は、各国の政治・経済・金融状況・世界的事件や災害をもとに、通貨ペアの値動きを予測します。

ファンダメンタルズ分析についても参考書などを活用して、基礎知識を身に着けてください。

ここではXMでチャート分析するための基礎知識として、チャートの見方と操作面における使い方を解説していきましょう。

XMのチャートの見方と使い方の準備 全通貨ペアをアクティブにする

XMのチャートの見方と使い方との準備として、まずは全通貨ペアを表示できるように、アクティブにしましょう。

チャートを表示するためには、MT4の気配値表示に通貨ペアを表示することが条件ですので、初期設定として行う必要があります。

気配値表示にXMの全通貨ペアを表示させる使い方は、気配値表示エリアのどこでもよいので右クリックし、「すべて表示」を選択してください。

これでXMの全通貨ペアのチャートを表示するための準備が整います。

XMのチャートの見方と使い方 チャートの表示方法と削除方法

XMのチャートの見方と使い方として、チャートの表示方法をみていきましょう。

使い方は、MT4のメニュー「ファイル」から「新規チャート」をクリックし、さらにXMで表示したい通貨ペアをクリックすることで、チャートを表示できます。

もし不要なXMのチャートが表示されている場合は、削除することもできます。

チャートを削除する使い方は、チャート画面の右上「閉じる」ボタンをクリックするだけです。

XMのチャート分析に必要なチャートだけを表示できるようになるため、快適な見方ができるようになるでしょう。

XMのチャートの見方と使い方 複数チャートの切替方法と整列方法

XMのチャートの見方と使い方として、複数チャートの切替方法と整列方法をみていきます。

複数のチャートを起動すると、MT4のチャートエリア下のタブに通貨ペアが表示されるため、アクティブなチャートを確認することができます。

チャートの切替方法における使い方は、XMの通貨ペアのタブをクリックしましょう。

XMの複数チャートを表示すると重なった状態で表示されてしまうため、確認する場合はチャートの銘柄をいちいち切り換える必要があります。

チャートを規則正しく整列させることで、XMの複数のチャートを一目で確認する使い方ができます。

複数チャートの整列方法の使い方は、MT4の「ウインドウを整列」アイコンをクリックするだけです。

XMの複数チャートの整列方法は、チャートの見方を向上させる便利な機能ですので、ぜひご活用ください。

XMのチャートの見方と使い方 ローソク足の読み方と表示方法

XMのチャートの基本的な見方と使い方として、ローソク足の読み方と表示方法をみていきましょう。

ローソク足の読み方は、以下の通りです。

  • 白のチャート:上昇相場を示す「陽線」をさす⇒長方形の底辺が始値/上辺が終値をいう見方をする
  • 枠のチャート:下降相場を示す「陰線」をさす⇒長方形の上辺が始値/底辺が終値という見方をする
  • 上に伸びる直線:「上ヒゲ」と言い、高値を示す
  • 下に伸びる直線:「下ヒゲ」と言い、安値を示す

ローソク足ひとつに、さまざまなXMの価格情報が盛り込まれているため、値動きの詳細を把握する見方ができます。

MT4のチャートは、デフォルトではローソク足ではないため、変更しましょう。

XMのローソク足の表示方法は、メニューアイコンから「ローソク足」を選択するだけです。

XMのチャートの見方と使い方 時間足の変更方法

XMのチャートの見方と使い方として、時間足の変更方法をみていきましょう。

チャートの時間足を変更する使い方によって、XMのトレード手法に見合った期間の値動きを確認する見方ができるようになります。

たとえばXMでスキャルピングする場合は分足を、スイングトレードする場合は日・月・年足と、チャートの見方を変更できます。

時間足の変更方法の使い方は、MT4のメニューアイコンから好みの時間足を選択しましょう。

XMのチャートの見方と使い方 インジケーターとオブジェクトの表示方法

XMのチャートの見方と使い方として、インジケーターの表示方法をみていきます。

チャートにインジケーターを表示することにより、XMの指標に基づいた相場状況を把握できるようになります。

インジケーターを挿入したチャートの見方として、XMの現在の相場状況をはじめ、エントリーポイントを見極める使い方や、勝ちやすいパターンなどの把握など、目的に応じたチャート分析の使い方ができるようになります。

インジケーターを挿入する使い方は、「挿入」から「インディケーター」をクリックし「トレンド系」「オシレーター系」などニーズに合ったテクニカル指標を選択しましょう。

トレンド系インジケーターはXMの相場の流れを把握し、チャート分析でもっとも活用されています。

一方、オシレーター系は、XMの買われすぎと売られすぎを把握できます。

インジケーターの特徴として、トレンド系は反応が遅く、オシレーター系は強いトレンドに反応しにくいと言う欠点があるため、ふたつの指標を併用する使い方が一般的と言えるでしょう。

よってインジケーターの併用によって、チャートの見方を向上させることが期待できます。

もうひとつ、オブジェクトの見方や使い方は、指標につづいて活用率の高いチャート分析機能のひとつと言えます。

特にトレンドラインと水平線は、XMでもよく利用されています。

トレンドラインの使い方は、その名の通りXMのトレンドを把握するための使い方をします。

水平線やトレンドラインの補助的役割として、サポートラインやレジスタンスラインを予測する使い方や見方も可能です。

XMのチャートの見方と使い方を分かりやすく解説まとめ

XMのチャートの見方と使い方は、過去の値動きから今後の動きを予測することです。

こちらではチャート分析の基礎知識があることを前提に、XMのチャートの機能面における使い方と見方を解説しました。

きちんと理解して、XMのチャート分析を行いましょう。