ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMのチャートの見方と使い方を分かりやすく解説

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

・レバレッジは最大500倍・追証なしのゼロカットを採用

・スプレッドが狭くスキャルピングをしたい方やガッツリトレードしたい方におすすめ

・ボーナスが無い分スプレッドの幅の狭さや手数料の安さに反映されているので実際のトレードで稼ぎたい方におすすめ

・取引の回数が多い方はスプレッドの狭いブレード口座がおすすめ

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

これからXMでトレードを始めるという人も多いのではないでしょうか。

XMは海外の取引所ではありますが、日本語に対応しており基本的に日本人でも簡単に利用することができます。

またトレーディングプラットフォームに関しても、MT4やMT5を使用しています。

よってMT4やMT5を別の取引所で利用したことのある人であれば、比較的簡単にトレードを始めることが出来るでしょう。

今回は、MT4やMT5で利用することになるXMのチャートの見方と使い方を分かりやすく解説していきます。

XMのチャートの見方と使い方を分かりやすく解説

XMでは、他のFX取引所でも利用されていることの多いトレーディングプラットフォームのMT4またはMT5が利用されています。

そのため、これまで他の取引所にてMT4またはMT5でトレードしていた人であれば、抵抗なくチャーをを利用することが出来るでしょう。

またこれまでMT4やMT5を利用したことがない人でも、XMを利用することで利用方法を一度覚えてしまえば、他のMT4やMT5を使っている取引所でも応用を効かせることができますよ。

ここでは、MT5を使用してXMのチャートの見方そして使い方についてそれぞれ説明していきます。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

XMのチャートの見方

基本的なXMのチャートの見方に関してですが、MT5またはMT4にログインすることで、自動でチャートが開きます。

最初の設定だと時間足やどの形のチャートが表示されているのかは固定されている場合もありますが、後々自分好みにカスタマイズしていくことが可能です。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

XMのチャート画面を開き好きな通貨ペアのチャートを表示させる

MT4またはMT5にログインすると、すぐに一番大きい画面でチャートが表示されるでしょう。

しかしこのチャートは、自分の取引している通貨ペアのチャートであるとは限りません。

自分の好きな通貨ペアのチャートを表示させるのであれば、チャート画面の上部にあるメニューバーの中から「ファイル」をクリックし「新規チャート」をクリック、その後に表示させたい通貨ペアをクリックします。

これで好きな通貨ペアのチャートを表示させることができます。

XMのチャートの表示方法を変える

自分の確認したい通貨ペアのチャートを表示させたら、次はそのチャートを自分の好みにカスタマイズしていきましょう。

チャートカスタマイズ方法の中の1つで、チャートの表示方法が変えられるようになっています。

チャート画面の上部にあるメニューバーの中から「チャート」をクリックし、「ローソク足」「バーチャート」「ラインチャート」の3つから表示方法を変えることができます。

ちなみにローソク足チャートを表示させた場合

MT5のローソク足は白く塗り潰されている方が「陽線」そして黒く塗り潰されている方が「陰線」になります。 バーチャートを表示させた場合

そしてラインチャートで表示させた場合は以下のようになります。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

XMのチャートの時間足を変更させる

チャートの時間足を変更する方法です。 チャート画面上部のメニューバーの中から「チャート」をクリックし、さらに時間足設定をクリックします。

時間足は1分・5分・30分などの分刻み、または1時間・4時間などの時間刻み、さらには日・週・月刻みのものまで好きなものを表示させることが可能です。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

XMのチャートで複数の通貨ペアチャートを開いておきそれぞれをショートカットで表示させる

またXMのチャートでは、一度に複数のチャートを開いておき、タブですぐに切り替えることもできます。

チャート下に表示されている通貨ペアごとのタブをクリックするだけで、それぞれの通貨ペアチャートを切り替えることが可能です。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

XMのチャートでチャート分析機能を利用する

またXMでトレードする人の中には、チャート分析機能を利用していきたい人も多いと思います。

MT5では、チャート上部にあるメニューバーの中の「挿入」の中に、チャート分析のための機能が用意されています。

それぞれの機能は「インディケーター」「オブジェクト」「エキスパート」「スクリプト」の4つのジャンルに別れています。

またチャート分析によっては、たとえばボリンジャーバンドがBollinger Bands のように英語表記になっているものも多くなっています。

表示させたいチャート分析を見つけられない場合には、まずはネット検索などでチャート分析の英語名称を調べてから探してみるとすぐに見つかったりするようです。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

XMのチャートで一度に複数のチャートを画面に表示させる

またXMのチャートは1つ1つの画面が小さくなってしまいますが、一気に複数のチャートを表示させることもできます。

チャート上部にあるメニューアイコンの「ヘルプ」の斜め右下にある4つ窓型のアイコンをクリックしてください。

4つ窓型アイコンをクリックすると複数のチャートが一気に1つの画面で表示されます。

通貨ペア別にチャートを複数表示させることもできますが、同じ通貨ペアのチャートを時間足違いで複数表示することも可能です。

よって使い方次第で、複数ペアのチャートも時間足違いのチャートも複数表示させられます。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

XMのチャートはMT4とMT5のどちらを利用すべき?

XMのチャート画面は、利用者の好みによって口座開設時にMT4を利用するかMT5を利用するかを選べるようになっています。

しかしMT4とMT5のどちらのチャートが優れているかは、利用者が何を優先するかによっても異なってくるでしょう。

たとえば時間足の種類で言えばMT4が9種類などに対し、MT5は21種類用意されています。

しかしインディケーターの種類などに関してはMT5よりもMT4の方が種類が豊富になっているのです。

どちらのトレーディングプラットフォームにもメリットとデメリットがありますので、利用する際にはそれぞれの特徴をしっかりと把握しておくことをおすすめします。

XMのチャートの見方と使い方を分かりやすく解説まとめ

今回は、XMのチャートの見方と使い方を分かりやすく解説してきました。

XMでチャートを表示させるためには、トレーディングプラットフォームであるMT4またはMT5をダウンロードして立ち上げる必要があります。

MT4またはMT5は、他のFX取引所でも利用されていることの多いトレーディングプラットフォームですので、一度仕様を覚えてしまえば、その後も使えるところは多くなっているようです。

チャートの表示方法や時間足の変更、そしてテクニカル分析のための機能なども他のトレーディングプラットフォーム同様に使用する事ができます。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから